top3
10kg

title1-2-1

人は、1日に10kgの空気を肺で食べて(呼吸して)います。

胃の場合、多少傷んでいる物を食べても胃酸が守ってくれますが、肺の場合は、胃のような役割を持つフィルタは存在しません。吸っただけ、ほとんどを吸収してしまいます。

そこで着目したのが、毎日の生活の中、いかにきれいな空気を体に取り入れ生活していくかです。

岡野住宅の健康は口から体内に入る空気に対して、真剣に考えています。

title1-2-2

お風呂の窓を開けると、カビの胞子が浴室に入り壁に付着してしまいます。

放っておくと浴室の湿気でカビが繁殖し、そのカビの胞子を吸い込んでしまったり皮膚に付着してアレルギーの原因になってしまいます。

title1-2-3

ダニは人の皮膚のカスなどの老廃器物を食べて増え続けています。

布団をたたいたりしたときに空気中に舞い上がり、ダニやダニの死骸を吸い込んでしまい、アレルギーになってしまいます

title1-2-4

窓を開けて換気すると、風と一緒に花粉が室内に入ります。

花粉は床に溜まりますが、ダニ同様、空気中に舞い上がり吸い込んでしまいます。また、小さな微粒子のため、服に付着して室内に持ち込まれやすいです。

title1-2-5

風と一緒に室内に入り込み、床に溜まります。

また、服の繊維が床に落ちたりし、風の溜まるところに埃が集まり目に見えるようになります。小さな埃、チリは、常に空気中を浮遊しているのです。

◎窓をあければ、容易に換気はできますが、そこに住む家族が健康を害しては元も子もありません。

健康に暮らすための換気を岡野住宅はご提案いたします。
top19

title1-2-6

24時間換気システムを導入すれば健康という訳ではありません。

換気とは本来、きれいな空気に入れ替えるのが目的ですが、目の粗いフィルタを使い、健康住宅といいながら、体に悪い微粒子を平気で室内に取り入れてしまっているハウスメーカーも多く見受けられます。

岡野住宅のろ過粒度は10ミクロンまで捕まえ、ろ過面積は8㎡と広く、これが住宅に本来必要なフィルター性能であり、必要なろ過面積と言えます。

title1-2-7

排気の役割とは室内の汚れた空気を外に排出するわけですが、岡野住宅の考えとしまして、一般的な換気システムの排気口からの排気だけでは健康住宅のための換気とは言えません。

空気中にはカビ菌や花粉などの微粒子が混在し、床に落ちてくるのをご存じでしょうか。岡野住宅では、床面排気という方法で、室内に入り込んでしまった微粒子も極力外へ排出し、吸い込むリスクを減らせる換気システムとなっております。これこそが、健康住宅の換気システムです。

title1-2-8

一般的な換気システムの場合、夏場エアコンで冷やした空気も、冬場暖めた空気も、せっかくの快適な温度も一緒に排出されてしまいます。そのため、換気を止めてしまったり、エアコンを付けっぱなしにしたりと、不健康、不経済な家と言わざるを得ません。

住宅のよくある悩みのひとつですが、岡野住宅の家づくりならばこの問題を解決します。それも、驚く程の省エネ〈月100円前後〉で熱問題を解決いたしました。

photo1-2-1
PM2.5にも対応したフィルターも取り扱っております。
ippankanki
換気システムによっては、冬、冷たい外気が吸気され、暖房器具で暖められた内気が排出されてしまいます。
【岡野住宅の長生き住宅 全カテゴリーリンク一覧】ご覧になりたい項目をクリックしてください。