top21

title2-3-1

◎主成分を知ってください。

理由は単純で、体に良くないからです。

防腐防蟻剤の主成分は酸化銅やピレスロイド(殺虫剤等に使用)、シオラルオフェン(農薬等に使用)などから構成されています。吸い込んでしまうと目などの視神経がやられます。

特に床付近にいる赤ちゃんはまちがいなく浴びてしまうでしょう。岡野住宅はこのような理由で防腐防蟻剤を一切使いません。防腐防蟻剤は使いませんが、物理的防腐防蟻処理をして防ぎます。

photo2-3-1

title2-3-4

photo2-3-3

◎隙間面積はたったの名刺1枚。

建物は、どんなに一生懸命気密性能を上げようと努力しても、どうしてもわずかに隙間が生じます。その隙間の量を示す指標が【隙間面積:C値】です。

岡野住宅の施工平均C値」は、【たった名刺1枚=C値0.2台】という高い気密性住宅で、室内の熱問題にも大きな力を発揮した省エネ設計住宅です。

気密性能が0.36を切ると、省エネ住宅としての能力の向上が期待され、換気システムについても能力を最大限に引き出したりと、大きな結果につながります。

title2-3-3

◎お掃除ロボットがお掃除を手伝ってくれる。

スーパーバリアフリーのもうひとつのメリットは、お掃除ロボットの導入で毎日の掃除が楽になるということです。お掃除ロボットは毎日家中を走り回り、ほこりや花粉、土埃、ダニなどのハウスダストや、床に落ちた髪の毛まで掃除してくれます。お掃除ロボットが入れないトイレや階段以外の床は常にきれいに保てる上、ホコリなどの吸引が大幅に減り、安心して呼吸できる環境を作り出します。

title2-3-2

◎玄関から段差がない家。

岡野住宅の家づくりは、玄関からすでに段差のない「スーパーバリアフリー」が基本。当然、ベビーカーもそのまま押していけたり、健常者でも段差を気にすることなく生活できるので、毎日を快適に、安心、安全に過ごすことができます。万が一、車いすの生活になってしまっても、スーパーバリアフリー設計のおかげで、リフォームの心配もなくなります。

photo2-3-2
top22
 床暖房は体に悪い?
 窓開けの生活をやめる。
 お風呂の窓は開けちゃダメ。
 換気扇のせいで寒くなる。
 1階の和室に布団で寝てはいけない!
 空気の循環は体に悪い!
 暖房換気扇をつけても暖かくならない。
 吸放湿素材のウソ?
 間違いだらけの断熱材選び。
 外壁に面した押入れは造ってはいけない!
 外断熱VS内断熱という意味のない争い。
 ダウンライトと結露とぜんそくの関係。
 熱交換器は結露する。
 なぜ電気がエコエネルギー?
 温暖化省エネルギーを目指す。
 地震対策よりも急務な台風対策。
 温暖化より寒冷化対策。
banner220_saishin_ro
banner220_kenkou_ro
banner220_nagaiki_ro
banner220_kanki_ro
banner220_kaisyagaiyou_ro
banner220_shikke_ro
【岡野住宅の長生き住宅 全カテゴリーリンク一覧】ご覧になりたい項目をクリックしてください。